痩・美・食 健康にまつわる情報を発信

コレステロールを下げるのは健康につながる?

カテゴリー:食 - Food -

2015年4月に厚生労働省は食事からのコレステロール摂取量上限値を撤廃しました。

理由は、食事からのコレステーロールが体内のコレステロール値を上昇させる根拠はないと認めたからです。

しかし、これは当たり前のことでして、日本脂質学会は、かなり前から「既往歴がない限り、薬でコレステロール値を下げる必要は無い」と公開しています。

みなさん、ご存知でしたでしょうか?
おそらく知らない方のほうが多いのではないでしょうか。

その理由として、このような事実が世間一般の常識となってしまったら、コレステロール低下剤は売れなくなってしまうからです。

「えっ?」と思った方も多いかもしれませんが、

コレステロール低下剤というのは、年間数兆円も売れる史上空前の大ヒットのお薬です。

業界的に需要のある市場をジャマされるなんて、許されないわけですね。
アメリカでは医療関連産業の利益に反するような発言は、医師免許剥奪にも繋がると言われています。

こういった背景には、実はメディアにも原因があります。

製薬会社の広告宣伝費というのは、国内でトップクラスの割合を占める産業です。

しかし広告宣伝の主たるメディアは皆さんご存知の通り、インターネットへと変わりつつあります。
となると従来の大手メディアにとって、製薬会社というのはとても大切なお客様となるわけです。

そんなVIPカスタマーの利益を奪うようなことを大手メディアが報じるわけにはいきません。

その圧力は、コレステロール値の上限値をもっと下げようとすることにも使われてきたと言われています。
上限値をちょっと下げれば、薬を摂る必要などない、大勢の人を高コレステロールと診断し、薬を処方することもできてしまうのです。

このような背景の中、厚生労働省という国の機関が食事からのコレステロールは気にする必要は無いと宣言したことは進歩と言えます。

次回はさらにコレステロールの真実をお伝えします。

2014年7月26日作成、2022年2月28日更新

 

 

<体づくりのベースとなるたんぱく質を1日1杯でしっかりチャージ!「プロテイン」>

<たった2ヶ月で理想のカラダに!完全マンツーマン型のダイエットプログラム「SLIT」 >