痩・美・食 健康にまつわる情報を発信

なぜ野菜を最初に食べるといいの?

カテゴリー:食 - Food -

「いただきます!」の後、まずどのおかずから食べ始めますか?
美味しそうなお肉や魚などのメインのおかずや、パスタや麺などの炭水化物から食べ始めていませんか?
ダイエットにおススメなのが、献立の中で野菜を最初に食べる「ベジファースト」です。同じ食事でも、最初に食べる品で太るか太らないかが大きく違ってくるんですよ。

■ 食物繊維が糖質・脂質の吸収を抑制する

野菜を最初に食べると良い一番の理由は、野菜に「食物繊維」が含まれているからです。
でもひとくちに食物繊維と言っても、不溶性のものと水溶性のものの2つがあり、働きも微妙に違うんです。
このうち水溶性食物繊維は水分を蓄える機能を持っており、高い粘性があります。
このドロドロとした粘性によってその後に食べた食物を包み込み、ゆっくり消化吸収されるよう運ぶ為、食事をしたことによる血液中の糖の値がぐーんとあがってしまうのを防止し緩やかにしてくれるので、インスリンが出過ぎるのを抑制してくれます。
さらに、体の中で脂質を分解したり吸収したりする胆汁酸とくっつくことで、体が脂質を吸収するのを抑えてくれる作用もあるんですよ。まさに、天然のダイエットサプリメントと言えます。

■ 野菜はドカ食い・食べ過ぎを防ぐ

野菜は繊維質が豊富で噛み応えがある為、良く噛むことが必要となります。
顎をたくさん動かすことで満腹を感じる満腹中枢を多く刺激するので、少ない量でもお腹いっぱいだと思えるようになります。そうするとついついしてしまうドカ食いや食べ過ぎを抑制することに繋がり、ダイエットに効果的なんです。
また「食事誘発性熱産生(しょくじゆうはつせいねつさんせい)」といって、食事後、体内に吸収された栄養素が分解され、その一部が体熱となって消費されるエネルギーを高めることができるので、代謝アップにも有効です。

■ 酵素が代謝をアップさせる

サラダなど生の野菜には「酵素」が豊富に含まれています。
酵素は食物から摂り入れた栄養素の消化吸収やダイエットにも関わるエネルギー代謝など、さまざまな生体反応を行うために必要な成分です。
潜在的に持つ酵素は「代謝酵素」と「消化酵素」に分かれていますが、生まれながらに持つ潜在酵素の量は限られている為、食物から酵素を補うことで潜在酵素をサポートし代謝アップに繋げることができます。
また、酵素は空腹の状態で取り入れることで吸収が早くなる為、食前に摂ることが有効です。

「ダイエットには野菜!」は定番ですが、野菜をたっぷり取り入れるだけではなく、
食べる順番も工夫するとさらにダイエット効果をアップさせることができます。
サラダや前菜などが先に提供される西洋料理のフルコースの順番は理に適っていることが分かります。
自宅だけではなく、外食時にもベジファーストを意識することでダイエットの味方につけていきましょう!

〔 2017年2月12日作成、2022年12月29日更新

 

 

<野菜不足が気になる方にオススメ!「青汁プロテイン」>

<老廃物排出/エイジングケア/に効果的!SDフィットネスの「ホットヨガ」>