痩・美・食 健康にまつわる情報を発信

動脈硬化とは?原因と予防方法について紹介!

カテゴリー:その他

日本人で脳梗塞や心筋梗塞の死亡数は両方合わせると、年間10万人を超えます。

動脈硬化が原因だといわれていますが、では動脈硬化の主な原因をご存じでしょうか。

ごく簡単にいうと犯人は「酸化したLDL」です。

■ LDLとは?

全身にコレステロールを供給する『運び屋』のようなものです。
そしてLDLに含まれているコレステロールは俗に悪玉と呼ばれています。
通常コレステロールは体にとって不可欠なものであり、
本来は善悪などありません。
しかしLDLが活性酸素によって酸化されてしまうと、
『酸化LDL』となってしまい問題がおきます。

カラダは酸化LDLを異物とみなす

異物を除去するため、体内の掃除屋である白血球が集まってくる

白血球が酸化LDLを飲み込みんで、死んでいく。

その後、LDLに含まれていたコレステロールや脂肪が血管に付着し、
コブ状の塊が動脈の内側にできる。

それが、何かの拍子にはがれ落ちて血管に詰まる

脳梗塞や心筋梗塞になる

というわけです。

関連記事:コレステロールってそもそも何?実は体に必要な理由を解説

■ 脳梗塞や心筋梗塞を防ぐために

対策としては次の2つです。

①活性酸素対策をしてLDLを酸化させないようにすること。

②LDLに含まれているコレステロールをしっかり回収する。

そうすればコブ状の塊ができるのを防げます。​

前置きが長くなりましたが、この2つに効果的な成分を含んだ
飲み物が超身近にあるんです。

それはズバリ、、、コーヒーです。

①活性酸素対策
コーヒーに含まれるポリフェノールには、
LDLを酸化させる活性酸素を消去する作用があり、
活性酸素の中でも最強・最悪といわれる
ヒドロキシラジカルもやっつけてくれることが分かっています。

②コレステロールの回収
この役割をするのが、俗に善玉と言われるHDLです。
運び屋であるLDLと逆の役割ですね。
だからHDLの値は高い方がよいのか?というとそうとはいえません。
HDLがコレステロールを回収するというのは、
『白血球が飲み込んだコレステロールを引き抜く』ということです。
この『引き抜く能力』が高くなければ、
いくらHDLが数が多くても意味がないのです。
コーヒーに含まれるポリフェノールには『引き抜く能力』を高める作用も
あることが研究で明らかになっています。

コーヒーって完璧ですね。素晴らしい!

もちろん、“食事と運動” が健康の基本 ですので、そこはお忘れなく☆

SDフィットネス津藤方店青森浜田店小倉駅前店では、非常に魅力的なフィットネス環境でトレーニングの相談や、パーソナルトレーニングの利用ができます。
食生活の見直しや、自分にあった健康維持の方法について指導してもらいたい方は、ぜひ一度体験予約をご相談ください。

—————————————————————————————————
参考文献
沖縄産カンショ茎葉のカフェ酸誘導体含量と抗LDL酸化作用

2018年6月20日作成、2023年8月29日更新

 

< プロテインをより手軽に!持ち運びやすい軽量シェイカー「GLOVY オリジナルシェイカー3」 >

<体質改善/老廃物排出/エイジングケア/身体活性/ボディメイクに効果的!「ホットヨガ」>

監修者

監修者の写真

山中 隆博

SDフィットネス
パーソナルトレーナー

山中 隆博

SDフィットネス パーソナルトレーナー

<資格>

  • 日本ダイエット検定1級
  • プロテインマイスター
  • フィットネスマネジメント検定2級、1級学科

<略歴>

大学を卒業後、インストラクターとして大手スポーツクラブへ入社し、300名以上のパーソナルトレーニングを経験。その後、専門学校の非常勤講師やキッズミュージカル劇団総監督を経て、当社に入社。現在はSDフィットネスの統括責任者を担当する傍ら、業界セミナー等にも登壇している。