痩・美・食 健康にまつわる情報を発信

ダイエットの味方!時計遺伝子「ビーマルワン」とは?

カテゴリー:痩 - Slim -

ダイエットの中で悩みの種となるのが「間食」。
食べないのが1番だということは分かっていても、やっぱり口さみしくなったり甘いものが食べたくなったり・・・。
そんな時に頼りになるのが、「BMAL1」という遺伝子です。これはビーマルワンと呼ばれていますが、体内時計遺伝子のひとつです。初めて聞く方も多いと思いますが、実は脂肪が体に蓄えられる時に深く関わっている成分なんです。 
だからこの遺伝子をうまく利用すれば、簡単にダイエットもできてしまうんです。
ここではそんな「BMAL1(ビーマルワン)」の働きを詳しく見ていきます。

■「BMAL1(ビーマルワン)」とは

「BMAL1(ビーマルワン)」は、余ったエネルギーを脂肪として体に蓄えようとするタンパク質ですが、いつもめいっぱい働いている訳ではありません。実は活発になる時間は決まっていて、一番活動的なのは22時~深夜の2時だと言われています。「夜食べると太る」と言われる大きな原因の1つです。
食べた食物から脂肪酸やコレステロールを合成する働きを活性化し、体脂肪として蓄えようとする一方、体脂肪がエネルギーとして分解される働きを抑制するなど、ダイエットの大きな妨げとなります。

■ 間食は15時!

「BMAL1(ビーマルワン)」は22時から深夜の2時の時間帯で活動のピークを迎えた後は徐々に活動が緩やかになり、昼の3時に一番活動が静かになります。その値は、ピーク時に比べて1/20になるとも言われています。ここがまさに間食タイム!
甘いものや脂っこいものなど、「どうしても食べたい!」というものはこのタイミングで摂取すると最も体脂肪になりにくいということになります。
「午後3時になれば食べられる!」と思うと、ストレスも軽減にも役立ちます。

 
SDフィットネス津藤方店青森浜田店小倉駅前店では、非常に魅力的なフィットネス環境でトレーニングの相談や、パーソナルトレーニングの利用ができます。
食生活の見直しや、自分にあった健康維持の方法について指導してもらいたい方は、ぜひ一度体験予約をご相談ください。

■「BMAL1(ビーマルワン)」を味方につける方法

「BMAL1(ビーマルワン)」は体脂肪を蓄積させる悪者だ!と思われてしまいそうですが、体内の活性酸素を無害化する抗酸化作用を持ち合わせているので、円滑な代謝や美肌づくりの為にも上手に付き合っていくことが大切です。
「BMAL1(ビーマルワン)」をきちんとコントロールする上で1番大切なことは、規則正しい生活を送り体内リズムを整えることです。
夜勤の仕事に就くことが多くなりやすいドライバーや医師、看護師などは体内リズムが乱れ、体が昼夜を正しく認識できなくなり太りやすい体質になるとも言われています。
朝起きたらしっかり朝日を浴びて体を目覚めさせ、夜更かしや朝寝坊など不規則な生活を可能な限り控えることで、「BMAL1(ビーマルワン)」の働きを正常にコントロールすることができます。

体のリズムを整え「食べる時間」「控える時間」とメリハリを付けることで無理のないダイエット生活を送ることができます。「ダイエット」だけではなく、「美肌」「健康」併せて“三文の徳”ということですね!

2017年2月19日作成、2024年5月20日更新

 

 

<アボカドとバナナの風味がするスイーツ感覚のプロテインです「GLOVY スリットプロテイン アボカド&バナナ風味」>

<老廃物排出/エイジングケアにも効果的!女性に大人気!SDフィットネスの「ホットヨガ」>

監修者

監修者の写真

山中 隆博

SDフィットネス
パーソナルトレーナー

山中 隆博

SDフィットネス パーソナルトレーナー

<資格>

  • 日本ダイエット検定1級
  • プロテインマイスター
  • フィットネスマネジメント検定2級、1級学科

<略歴>

大学を卒業後、インストラクターとして大手スポーツクラブへ入社し、300名以上のパーソナルトレーニングを経験。その後、専門学校の非常勤講師やキッズミュージカル劇団総監督を経て、当社に入社。現在はSDフィットネスの統括責任者を担当する傍ら、業界セミナー等にも登壇している。