痩・美・食 健康にまつわる情報を発信

脂肪燃焼をアップさせる方法

カテゴリー:痩 - Slim -

シェイプアップしたいと思っている方は、有酸素運動よりも筋力トレーニングをしっかり行ったほうがよいのです。
その理由は2つあります。

◇ 筋トレをしたほうがいい理由

■ 理由①
有酸素運動でおこなわれる脂肪燃焼は運動中に限ってのことですが、筋トレの場合は運動後数日間にわたって安静時の消費エネルギーが増大する上に、その量は、運動そのもので消費したエネルギーの数倍にもなるんです!(´∀`)
さらに、エネルギーとして消費される大半は脂肪が使われるんです!
■ 理由②
有酸素運動しかしない場合、当然体脂肪は減っていきますが、同時に筋肉も落ちやすくなり、引き締まったカラダではなく、いわゆる『痩せ型』になりやすいんです。
そして、当然ですが筋肉が減れば基礎代謝が落ちるためリバウンドもしやすくなるんです。
■ 結論
引き締まったカラダを効率良く作るためには、筋トレが大事です。
そして筋トレをどのくらいの量をやればいいのか、実験結果をご紹介します。

★短時間でも効果は変わらないのです

■ 実験内容
肥満成人男性8名に全身の筋力トレーニングを実施。
A:各種目1セットのみ(10種目を15分で実施)
B:各種目3セットずつ(10種目を35分で実施)
※10種目を10回がギリギリの負荷にて行う。

■ 実験結果
トレーニング72時間後までAとBどちらも安静時消費エネルギーは著しく増加しました。
しかし!その増加量はなんと『AとBはほぼ同量』。1セットでも、3セットでも効果は同じだったのです!
トレーニングが苦手、トレーニングする時間がない、という方でも1セットずつでも効果があるのならやってみたくなりませんか?

◇ アミノ酸とプロテインで消費エネルギーアップ

また別の実験結果から、運動前は炭水化物よりもアミノ酸やプロテインを飲んだ方が、運動後の安静時消費エネルギーを増大させることが分かっています。
最短時間の運動で、トレーニング後の安静時代謝をアップさせ体脂肪を減少させるには
①トレーニング前にアミノ酸やプロテインを摂取
②トレーニングは全身に1セットずつ10回がキツイという負荷で行う。
このふたつを心がけてみてはいかがでしょうか。

※注意点
10種目を15分で行うので、種目の移動は長くも1分以内。
(全身ウォーミングアップセットは事前に行う)。

2013年12月12日作成、2022年8月17日更新

 

 

<ストロベリー&カシスのジューシー感が好評!「GLOVY ベーシックプロテイン ダブルベリー味」>

<短期間で効果的なSDフィットネスのトレーニングプログラム 「VRCパーソナルトレーニング」