痩・美・食 健康にまつわる情報を発信

逆・糖質ダイエット?

カテゴリー:痩 - Slim -

炭水化物ダイエットや、糖質ダイエットという言葉を聞いた方も多いと思います。
もしかしたら、実際にチャレンジされた方もいるのではないでしょうか?
今日は炭水化物(糖質)を食べないダイエットではなく、逆の発想で
「より炭水化物(糖質)が消費される」方法についてご紹介したいと思います。

■ 欠かせない栄養素「ビタミンB1」

ビタミンB1は別名「神経ビタミン」とも呼ばれ、神経の機能を円滑に保つためにもとても重要な役割を果たしています。
そんなビタミンB1ですから、不足してしまうと…大変なことが起きてしまいます。
代謝がスムーズに行われないことはもちろんのこと、身体的症状としては疲労感、動悸、息切れ、さらには物忘れがひどくなったり、憂鬱な気分になったり、イライラする…などさまざまなことが私たちの身体に現れてしまうのです。
ストレス社会と言われる現代では、ストレスだけでなく、忙しくて食事もまともに取れず外食やインスタント、加工食品で済ませてしまう人が多く、気づかぬ間にビタミンB1欠乏症になっている場合も多いと考えられます。

■ 効果的なビタミンB1の摂りかた

ビタミンB1を多く含む食材を食べるように心がけることが大切です。
その食材とは、
うなぎ、豚肉(ひれ・もも)、玄米ごはん、枝豆、落花生、にんにく

などです。
ビタミンB1は、汗と一緒に流失してしまいますので、運動をする方は特に意識をしていかなかければいけませんね。
また、お酒を飲む方、たばこを吸う方、、外食が多い方、過度な運動をしている方、加工食品を多く摂る方には特にこのビタミンB1が重要です!!!
そして何よりも、ダイエットをしている方には効率的に余分なものを燃焼するために絶対に必要なのです。
今日から「ビタミンB1」にも目をむけてみませんか?

2014年1月15日作成、2021年2月19日更新

 

 

<食べたものはエネルギーに!理想のボディメイクをサポートするおすすめサプリメント「ボディコントロール」>

<たった2ヶ月で理想のカラダに!完全マンツーマン型のダイエットプログラム「SLIT」>