痩・美・食 健康にまつわる情報を発信

糖質ゼロのお酒は太らない?

カテゴリー:痩 - Slim -

人間のカラダというのは、エネルギーが十分にある時に、
それ以上、エネルギーを摂取すると体脂肪になってしまいます。

◆お酒と炭水化物の組み合わせ

お酒を飲むと体内でアルコールを分解する酵素が働きますが、実はその酵素を活性化すると、

『今、体にはエネルギーがいっぱいありますよ。』

といういうシグナルがカラダに送られます。

そうすると、その時摂取したネルギーは『余分なもの』ですから、それを体脂肪に変換する酵素が働きはじめます。

アルコールは体脂肪を作ろうとするカラダの働きを促進する、ということですね。

ですから、お酒と炭水化物の組合せは、脂肪細胞直行となるのです。

では、炭水化物を控えればいいのでしょうか?

体脂肪を増やさない、ということであればOKです。

しかし、体脂肪を減らしたいのであれば一概にOKとは言えません。

なぜかと言うと、体内でアルコールを処理している間は、カラダはアルコールの処理に一生懸命で、脂肪燃焼しにくくなっているからです。

個人差は大きいですが、たとえば25度の焼酎をコップ一杯分飲むと、それだけで、6時間くらいはカラダはアルコールの処理を優先します。

その間は体脂肪も含め他のエネルギーはずっと使われにくくなります。

週に2回ほど飲んだとすると、月100時間弱、脂肪燃焼時間を損失していることになります。

◆糖質ゼロのお酒は太らない?

炭水化物を一緒に食べないようにすると、体脂肪はつきにくいですが、体脂肪を減らしたいならやはり、「ノンアルコール」ですね。

糖質ゼロのお酒は、せいぜい気休程度かな?と思っていただいて良いと思います。

お酒は、誰と一緒に飲むかが楽しみでもありますから、「ノンアルコール」でもきっと大丈夫です!

2019年4月5日作成、2022年10月5日更新

 

 

<野菜不足が気になる方、お食事からのたんぱく質摂取量が少ない方におすすめ!「GLOVY青汁プロテイン」

<たった2ヶ月で理想のカラダに!完全マンツーマン型のダイエットプログラム「SLIT」>