痩・美・食 健康にまつわる情報を発信

糖質ゼロのお酒は太らない?

カテゴリー:痩 - Slim -

人間のカラダというのは、エネルギーが十分にある時に、
それ以上、エネルギーを摂取すると体脂肪になってしまいます。

◆お酒と炭水化物の組み合わせ

お酒を飲むと体内でアルコールを分解する酵素が働きますが、実はその酵素を活性化すると、

『今、体にはエネルギーがいっぱいありますよ。』

といういうシグナルがカラダに送られます。

そうすると、その時摂取したネルギーは『余分なもの』ですから、それを体脂肪に変換する酵素が働きはじめます。

アルコールは体脂肪を作ろうとするカラダの働きを促進する、ということですね。

ですから、お酒と炭水化物の組合せは、脂肪細胞直行となるのです。

では、炭水化物を控えればいいのでしょうか?

体脂肪を増やさない、ということであればOKです。

しかし、体脂肪を減らしたいのであれば一概にOKとは言えません。

なぜかと言うと、体内でアルコールを処理している間は、カラダはアルコールの処理に一生懸命で、脂肪燃焼しにくくなっているからです。

個人差は大きいですが、たとえば25度の焼酎をコップ一杯分飲むと、それだけで、6時間くらいはカラダはアルコールの処理を優先します。

その間は体脂肪も含め他のエネルギーはずっと使われにくくなります。

週に2回ほど飲んだとすると、月100時間弱、脂肪燃焼時間を損失していることになります。

関連記事:ダイエット中にアルコール飲んだらだめですか?

◆糖質ゼロのお酒は太らない?

炭水化物を一緒に食べないようにすると、体脂肪はつきにくいですが、体脂肪を減らしたいならやはり、「ノンアルコール」ですね。

糖質ゼロのお酒は、せいぜい気休程度かな?と思っていただいて良いと思います。

お酒は、誰と一緒に飲むかが楽しみでもありますから、「ノンアルコール」でもきっと大丈夫です!



SDフィットネス津藤方店青森浜田店小倉駅前店では、毎日の食生活の見直し指導を行っております。健康的に効率よくダイエットを成功させたい方、気になる方は、ぜひ一度体験予約をご相談ください。

 

2019年4月5日作成、2023年11月14日更新

 

 

<カラダがよろこぶ食物繊維と乳酸菌がこの1本に!「GLOVY Wファイバー」>

<たった2ヶ月で理想のカラダに!完全マンツーマン型のダイエットプログラム「SLIT」>

監修者

監修者の写真

山中 隆博

SDフィットネス
パーソナルトレーナー

山中 隆博

SDフィットネス パーソナルトレーナー

<資格>

  • 日本ダイエット検定1級
  • プロテインマイスター
  • フィットネスマネジメント検定2級、1級学科

<略歴>

大学を卒業後、インストラクターとして大手スポーツクラブへ入社し、300名以上のパーソナルトレーニングを経験。その後、専門学校の非常勤講師やキッズミュージカル劇団総監督を経て、当社に入社。現在はSDフィットネスの統括責任者を担当する傍ら、業界セミナー等にも登壇している。