痩・美・食 健康にまつわる情報を発信

太ももが太くなる原因と細くするためのダイエット方法

カテゴリー:痩 - Slim -

前回のブログでお伝えしたこと。

・よく使う部位は脂肪がつきにくく落ちやすい

・その理由として、よく使う部位ほど血流が良いので、脂肪を燃やす作用があるホルモンや酵素なども働きやすい

ということでした。

前回のブログ
部分痩せダイエット

今日は、部分痩せの具体的な方法を、気になる部位として代表的な「太ももの
裏側(お尻に近い部分)」に特化してお伝えします。

ポイントは、日常的に普段から意識してたくさん使うことで血流を促進する、ということです。

自宅でも簡単にできるタイプのエクササイズの動画をご紹介しますのでご覧下さい。
1日5分程度でOKです。

◆部分痩せに効果的な手順とポイント

・1回の動作を2秒くらいでテンポよく
・1セット30回くらいの多い回数で
・それを2〜3セット
・セット間の休憩は30秒

ダイエット中はこの手順とは逆に、10回くらい繰り返すのが限界という負荷をかけるのが基本ですが
「ここだけ脂肪が落ちにくいなぁ」と感じるような部位がある時には、
太ももだけに限らず、「部分痩せ」を実践してみてください。

関連記事:脂肪燃焼をアップさせる方法


SDフィットネス津藤方店青森浜田店小倉駅前店では、毎日の食生活の見直し指導を行っております。健康的に効率よくダイエットを成功させたい方、気になる方は、ぜひ一度体験予約をご相談ください。

2019年4月11日作成、2024年1月23日更新

 

 

<効率良く栄養摂取できる おすすめのプロテインは こちら

<専属のインストラクターが マンツーマンでサポート!「VRCパーソナルトレーニング」>

監修者

監修者の写真

山中 隆博

SDフィットネス
パーソナルトレーナー

山中 隆博

SDフィットネス パーソナルトレーナー

<資格>

  • 日本ダイエット検定1級
  • プロテインマイスター
  • フィットネスマネジメント検定2級、1級学科

<略歴>

大学を卒業後、インストラクターとして大手スポーツクラブへ入社し、300名以上のパーソナルトレーニングを経験。その後、専門学校の非常勤講師やキッズミュージカル劇団総監督を経て、当社に入社。現在はSDフィットネスの統括責任者を担当する傍ら、業界セミナー等にも登壇している。