痩・美・食 健康にまつわる情報を発信

油はカラダに必要?それとも不必要?

カテゴリー:食 - Food -

世の中にはたくさんの食用の油がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。
噂では、サラダ油は良くない、ココナッツオイルが良いなど、油に関してのたくさんの情報があります。ここでは、どのような油を選んだら良いのかをご紹介したいと思います!

■ 飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

油は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。飽和脂肪酸は主に動物性の油です。摂取する量が多いと悪玉コレステロールや中性脂肪の増加に繋がり、生活習慣病を引き起こします。不飽和脂肪酸は主に植物性や魚の油で、よく聞くオメガ系の油は不飽和脂肪酸の油になります。

関連記事:油っこいものが好きな方は

■ カラダに良い油とは

体に良いとされている油はいくつかありますが、まず飽和脂肪酸の中では中鎖脂肪酸と呼ばれる種類のものがエネルギーとして使われやすく、体に蓄積しにくい油になります。
その中佐脂肪酸が、ココナッツオイルです。

不飽和脂肪酸ではどんな油が該当するのでしょうか?いくつか紹介します。まず脂肪酸にはさらに種類がありそれによって油も分類されるのですが、例えばオメガ9系のオレイン酸を含む、イタリア料理でお馴染みのオリーブオイル、オメガ6系のリノール酸を含む、植物から取れるべにばな油やコーン油、そしてオメガ3系のαリノレン酸を含む、魚類に多いEPA、DHAです。

どの油にも体に良い効果と良くない効果があるために、摂る量は適切でなければいけません。体に良いとされているこのような油は、体の中のコレステロールや血管内にこびりついた脂肪を落とす役割もあるので、毎日適度に摂ると良いのです。

これは、化粧をオイルでクレンジングするというイメージです。メイクする化粧品は油でできています。油は水溶性ではないので、油は油で落とすということが必要なのです。
体の中の脂肪もこれと同じイメージです。血管の中に付着した脂肪を落とさないと、脳血管障害の病気になる可能性もあるのです。

■ 良い油の選び方

油には長所と短所があり、選ぶことにもテクニックが必要です。どれが良いというように偏った摂り方は長所も短所も偏ってしまうのです。
一般に見られるバランスオイルは、いくつかの種類の油をバランスを考えて配合したものです。

その中から体に良い油を選ぶ方法は、リノール酸対αリノレン酸が4対1のものが望しいものです。このバランスは、人間の細胞膜を覆っている油がこのバランスとなっています。
そのため、体には蓄積しにくく、不要な脂肪を溶かして排出してくれることが期待できるのです。

油はダイエットしている人にとっては敵視されるものかもしれませんが、体にとっては不要なものではありません。摂り方によって、体に良くも悪くもなるのです。
バランスオイルを購入されるときは、どのようなバランスで作られているのかを確認して選ぶと良いですよ!

SDフィットネス津藤方店青森浜田店小倉駅前店では、食生活の見直しや、ひとりひとりにあった健康維持の方法について指導を行っております。気になる方は、ぜひ一度体験予約をご相談ください。

2017年4月2日作成、2024年1月23日更新

 

 

<美的腸活に必要な栄養素を効率よく補填「GLOVYスマート ラクラクティアV」>

<たった2ヶ月で理想のカラダに!完全マンツーマン型のダイエットプログラム「SLIT」>

監修者

監修者の写真

山中 隆博

SDフィットネス
パーソナルトレーナー

山中 隆博

SDフィットネス パーソナルトレーナー

<資格>

  • 日本ダイエット検定1級
  • プロテインマイスター
  • フィットネスマネジメント検定2級、1級学科

<略歴>

大学を卒業後、インストラクターとして大手スポーツクラブへ入社し、300名以上のパーソナルトレーニングを経験。その後、専門学校の非常勤講師やキッズミュージカル劇団総監督を経て、当社に入社。現在はSDフィットネスの統括責任者を担当する傍ら、業界セミナー等にも登壇している。