痩・美・食 健康にまつわる情報を発信

「「糖質0(ゼロ)」と「糖類0(ゼロ)」の違いは?注意したい「0(ゼロ)」表示」

カテゴリー:痩 - Slim -

ダイエットを目指す方にとって「0(ゼロ)」表示はとても魅力的ですね。その中でも甘いモノ好きの方にとって最も気になるのが「糖質」や「糖類」ではないでしょうか。この「糖質」と「糖類」、同じ「糖」でも種類が違うことをご存知でしょうか?今回は「糖質0(ゼロ)」
と「糖類0(ゼロ)」の違いや注意点などをご紹介したいと思います。

■「糖質0(ゼロ)」と「糖類0(ゼロ)」の違い

糖質も糖類も「炭水化物」の分類に入ります。「炭水化物」は「食物繊維+糖質」で構成されている為、「炭水化物」から「食物繊維」を除いたものが「糖質」となります。この「糖質」は「糖類+糖アルコール(キシリトール・エリスリトール等)+多糖類(でんぷん等)+その他の糖(アセスルファムK・スクラロース(甘味料)等」で構成されている為、「糖質」から「糖アルコール」や「多糖類」、「その他の糖」などを除いたものが「糖類」となります。

その為、「糖類0(ゼロ)」の商品には、「多糖類」や「糖アルコール」「その他の糖」などが含まれており、ダイエットを考えるのであれば「糖質0(ゼロ)」の方が効果的であると言えます。

■ ゼロではないゼロカロリー

食品表示基準では、「糖質0(ゼロ)」及び「糖類0(ゼロ)」の基準として「食品100g当たり(飲料100ml当たり)、糖質もしくは糖類の含有量は0.5g未満の場合に表示可能」とされています。例えば100ml当たり0.4gの糖を含む飲料は「0(ゼロ)」と表示できますが、500mlのペットボトルを1本飲むことで2.0g、1.5ℓのペットボトルであれば、6.0gの糖を摂取することになるわけです。

多少なりとも糖やカロリーは含まれている為、完全にゼロと思いこんで常食(常飲)していると、知らず知らずのうちに摂り過ぎになってしまう危険性も考えられます。

■ ダイエット甘味料の注意点

ダイエット甘味料はカロリーが低い上、血糖値の上昇も抑えられる為、甘いモノ好きな方には魅力的な食材ですが、甘いものは、普通の砂糖であっても、人工甘味料であっても、食べた後に脳から快楽物質が一時的に出るため、食べれば食べるほど体が快感を覚えもっと食べたくなる・・という中毒のような傾向があるとも言われています。
また、使いすぎると下痢気味になるといった可能性があるものもありますので、過剰の摂取は控えるよう注意しましょう。

■ まとめ

さまざまなダイエット食品に表示されている「0(ゼロ)」表示ですが、完全なゼロではないことや習慣性など気を付けなければいけないポイントがあったのですね。

主食(ご飯・麺・パン等)や果物など自然な食材から糖を取り入れることで過度な欲求は抑えることができると言われていますが、どうしても甘いモノが食べたい時や飲みたい時の代用として上手に活用していきましょう!

2017年8月13日作成、 2022年11月8日更新

 

 

<SDオリジナルマスク(ベティー ブープ TM)伸縮性があり柔らかい素材のため肌や耳への負担が少なくてやさしいマスクです>

<女性に大人気!SDフィットネスの「ホットヨガ」>